みなさん、喉の調子は良いですか?
本日、TBS「駆け込みドクター」で放映されました
話題から神秘的なことがわかりましたので、
一筆入れさせて頂きます!

コーヒーハチミツを入れる事で、
咳や喘息緩和されるということが明らかになりました。

なぜ、コーヒーハチミツ効果があるのでしょうか。
そのメカニズムに迫りましたので、
ぜひご覧ください!

スポンサードリンク

ハチミツの効果と効能とは?


hachimitsu_1

まず、ハチミツが喉に良いとされる研究結果が過去の報告にて
ありました。

ハチミツをたくさん摂取しても身体に悪いのでは?と
も考えられそうですが、果たしてどの程度の量でどんな効果が
あるのでしょうか。

基本的に、ハチミツの定義は以下の通りです。

蜂蜜(はちみつ)とはミツバチが花の蜜を採集し、巣の中で加工、貯蔵したものをいい、自然界で最も甘い蜜といわれる。約8割の糖分と約2割の水分によって構成され、ビタミンとミネラル類などの栄養素をわずかに含む。(Wikiより)

ということでして、80%はブドウ糖が主体ということになっています。
ですので、やはり、過剰に摂取してしまえば、
糖を過剰に体内に摂取してしまうことになります。
そうすると、糖の過剰摂取により様々な病気が引き起こされる
可能性もあります。

糖の過剰摂取は、体内では中性脂肪という形でますますどんどんと
蓄積されてしまうのです。
結果的には、糖尿病を筆頭に、アトピー性皮膚炎、冷え性、
不妊症なども招きかねません。

適正量は成人の方はおよそ20gとされています。

ハチミツの効果と効能は以下の通りです。

・ハチミツはカリウムも多く含むので、塩分過多の場合は排出を促すため
血圧を下げる効果がある

・ハチミツを摂取すると、グルコースとフルクトースが喉粘膜に
作用し、保水性を高めてくれるので結果的に喉の乾燥、いらいらを緩和してくれる

・ハチミツに含まれるコリンが高血圧の原因であるコレステロールを下げ、適度な量であればダイエット効果を発揮する

・ハチミツには鎮静作用もあるとされ、咳止め、鎮痛剤、神経痛などにも効能がある

・ハチミツに含まれるグルコン酸は腸内のビフィズス菌を増加させる効能もあり、
下痢などにも効果があるとされている

といったことがおもなハチミツの効果と効能ということになります。

ハチミツの危険性?


kaiketu4

詫摩武人という小児学者の研究結果による臨床実験の報告によれば、
乳幼児にハチミツを摂取させた場合と砂糖を与えたグループでは、

ハチミツを与えた乳幼児は、砂糖を摂取したグループの乳幼児よりも発育が大変良くなったという研究成果も出ているようです。

また、ハチミツの危険性としては、ハチミツの中に活動を休止したボツリヌス菌が含まれる事がまれにあるとのことで、

通常はそのまま摂取しても体外へ排出されるが、
乳児の場合は、腸内細菌をうまくコントロールできていないために、
乳児ボツリヌス症を発症し死亡に至る場合があるそうです。

かといって、加熱処理をハチミツにしようとすると、
中に含まれる酵素が変質してしまうのでよくはありません。

そこで、1987年当時の厚生省により、1才未満の乳児にはハチミツを摂取させないようにとのラベリングが商品にされるようになっています。
様々な、効果、効能のあるハチミツですが、

油断をすると恐ろしい結果を招いてしまうこともありますので、
心のどこかに置いておきましょうね!


NEXT==>> 続いては、コーヒーにハチミツを入れる事でどのような相乗効果を期待できるのか?です。