よく巷では、コーヒーに関する効果効能に関してよく話題に挙がるかと思います。

コーヒーを適度に飲めば特定の病気の予防的効用もあるんだ!、
コーヒーを飲むだけで意外なこんな効果効能もあるんだ!、といようなコーヒーの様々な効果効能効用などに関して調査しそれをまとめてみましたのでご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

コーヒー特筆すべき効果・効能


running1

コーヒーにはある病気の発症リスクを低下させる効果効能もあると関連記事に書きました。それに加えて、コーヒーを飲む事によりさらに効果をもたらすあることも判明されたとのことです!!

それは、なんと、運動前にコーヒーを飲む事で、
疲れやすかった身体が疲れにくくなるというのです。

どういうことか?というところですが、
米ラトガース大の運動専門家「Shawn/Arent」さんによると、
運動を行う前にコーヒーを飲んでおく事で、その時の集中力と意欲
を高めつつ、長時間の断続的運動に対して効果があるということです。
つまり、マラソンやダンス、シンクロスイミング、トライアスロンなど
長時間動き続ける必要のある運動に対して効能を見出したとのことです。

ここでは、巷で話題に挙がる効果・効能二関する話題を簡単にまとめた
動画をご拝聴ください。


筆者自身の体験ですが、
確かにコーヒーを飲んでから行うジョギングは飲まないときと
比較しますと大きな効果の違いがあることを実感しました。
具体的には、息切れしにくくなり、1時間程度動きやすい感じがしました。

また、運動以外でも仕事をしている時に、コーヒーを飲む日とノンカフェイン麦茶を飲む日を比較した際における大きな効果効能の違いも感じています。
やはり、カフェインのせいもあるかと思いますが、眠気がほとんどなくなり、
より快適に仕事効率も上げる事ができたのはコーヒーですね。

逆に、ノンカフェイン麦茶は、眠気はほとんど改善せず、
1日通して集中力も高くならず捗る事はなかったというような体験もし、
明らかに効果が異なる事も感じています。

このような実体験も踏まえますと、コーヒーを飲むと身体が疲れにくくなり、
一定の姿勢を保った動作などに対しても長時間持続できるという
ことも言えるのではないかと感じましたね。

続いては、コーヒーの意外な効用です!