さて、コーヒーを自前で作っておいしく楽しむ前に即行でやることがあります!!
それは残りのコーヒー豆の保存です。
このコーヒー豆保存方法こそが、その後、そのコーヒーをおいしく楽しめるかどうかの運命の別れ道となっております。

そこで、そのコーヒー豆をおいしくかつ鮮度を保ったままより長く保存するためのおすすめの方法をご紹介したいと思います。また、その保存方法がなぜ有効なのか?も合わせてご拝読ください。

スポンサードリンク

元コーヒー専売業の友人もおすすめしているご家庭でもできる
方法で、かつ、私自身も実践しその鮮度を実感している方法です。
ぜひ、コーヒー豆の保存にお役立ていただけたら幸いです。

コーヒー豆のおすすめ保存方法

大きく3つの工程があります。
いたって、シンプルで簡単ですのぜひ実践してみてください!

1.飲む分のコーヒー豆を取り出したら、残りは保存します
2.保存する分のコーヒー豆を真空パックへ入れ空気はできるだけ抜きます

store_1

3.その後、すぐさま冷凍庫へ入れます

store_2

この3つの工程だけで一ヶ月くらいはある程度、劣化せずに
コーヒー豆の鮮度を保つことができます。
さて、次はなぜこの方法が有効なのか?
をご説明致します。