冷凍庫への保存がなぜ有効なのか?

徐々にコーヒー豆の香りが抜けたりすることはありますが、
このコーヒー豆の保存時の状態で鮮度が大きく異なってきます。
その鮮度を落としてしまう保存時の要因が以下の2つです。

1.酸素
2.温度

真空パックに入れない場合は、コーヒー豆がより酸素に多く触れてしまうため、
酸化が進んでしまいますのでそれを防止しないといけません。
また、コーヒー豆の保存温度ですが、その保存温度が高ければ高いほど
酸化速度も速くなる傾向にあります。
そして、コーヒー豆からの香気も抜けやすくなるのを防止する
効果もあるため真空パックに入れて冷凍庫へ入れることをおすすめ致します。
常温でそのまま放置するほど非常に悪な環境はないといえます。

よくこういったお話を聞くことはないでしょうか?
ちょっと高い値段で売られている(例えば、200gで1000円オーバーとか、ちょっと高いですね)ような高級感を出しているようなコーヒー豆の話です。

意外に飲んでみたら、非常においしくない!
こんな時は、もしかしたら、

・コーヒー豆が焙煎した日からかなり時間が経過してしまっている
・保存状態が良くなかった(湿気を多く吸ってしまった)

ということが考えられます。
おいしくないコーヒーは、コーヒー嫌いになってしまいかね
ません。そして、「もうあのお店では買いたくないな」と
思わせてしまいます。
コーヒー好きな方、これからコーヒーを作ってみようかなと
いう方に対してはこんな想いはして欲しくありません。

ぜひ、上記おすすめの保存方法を実践して頂けたらうれしいです。

※香りはどうしても焙煎日が経過すればするほど抜けてしまいますので、
なるべくお早めに飲まれることをおすすめします!

cheap jerseys cheap nba jerseys cheap jerseys wholesale nba jerseys