ポリフェノールを劇的に多く体内に取込む方法


no2_tamesite

コーヒーを飲む時には、コーヒー豆を挽いてから飲むようにしてください。
この際、挽く時のコーヒー豆の状態は、「浅煎り」がベストだそうです。

「浅煎り」にすることで、コーヒー豆に含まれる苦味や酸味成分のポリフェノールを
多くを残すことが可能であり、結果的に、多くのフェルラ酸を取り込むことができるのでより多くコレステロール、血糖値の上昇を抑えられる可能性があり、心臓病や脳卒中予防にも効果が期待できるということなんですね。

注意点としましては、コーヒーにはカフェインが多く含まれますので、
たくさん飲むのは避けるべきです。1日、コーヒーカップで4杯まで、もしくは、コーヒーのボトル缶(400cc)で1本分がベストなのではないでしょうか。

おおよそ、コーヒーカップ1杯(100cc〜150cc)につき60〜80mg程度のカフェインが含まれていることになります。筆者がおすすめしたい量は4杯です。4杯となりますと、240mg〜320mgのカフェインを摂取することになりますが、むしろ、頭痛などの緩和にも貢献できるカフェイン量ではないかと思われます。また、実体験では、カフェインを摂取することで覚醒作用が働き仕事もはかどります。

コーヒーによる適度なカフェインが、絶対なる効果・効能を引き出すことを意味していますよね!

コーヒーを飲んで、多くのフェルラ酸を体内に取り入れることで、
コレステロール、血糖値の上昇を抑制できます。
コーヒーダイエットと言われるのはこのような所以もあります。

最後までご拝読頂きましてありがとうございました。